概要

筑波大学では、ダイバーシティ基本理念に基づき、平成27年度より、LGBTQ+(Lesbian・Gay・Bisexual・Transgender・Questioning/Queer及び他のセクシュアリティを含む)の学生および教職員への支援体制の構築を進め、平成29年3月には、大学として公式には初となるLGBTQ+に関する基本理念及び対応ガイドラインについて策定・公表しました。

平成30年3月以降、初版を公表してから寄せられた学生や教職員からの声をもとに、改訂版を策定してきました。

当ガイドラインでは、LGBTQ+の相談窓口や相談後の流れについて、氏名・性別の情報とその管理や学生生活、就活について、など本学における現状での具体的対応と方針を示しています。

くわえて、就職活動やカミングアウト、アウティングに関する対応状況を追記するとともに、より詳細な情報を補足した「ツールボックス」と、当事者も当事者以外の人も、個人がそれぞれに活用できる「CARIO-NEXT Lワークシート」を追加しています。

そして、令和2年4月からはパートナーがいる教職員(地方自治体等によるパートナーとして証明する書類が発行された教職員)の福利厚生として、休暇、休業、諸手当及び旅費等の対応を行うことを盛り込んだ、第3版を策定し、公開しました。

  • 教職員の福利厚生については下記リンクをご確認ください。

教職員に関する福利厚生

LGBTQ+に関する筑波大学の基本理念と対応ガイドライン

詳細は下記リンクまたはPDFデータよりご確認ください。

WEB版 (最新)

第3.1版(令和3年3月策定・公表)

<著作権について>
本基本理念とガイドラインの著作権は筑波大学が保有しています。
ただし、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「表示」(CC BY 4.0)により使用することができます。複製しての利用や配布、個別の状況に合わせた改変も認めています。営利企業も使用することができます。
ただし、クレジット表示は保ってください。
CC BYに関する詳細は、下記リンクをご確認ください。

https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

CARIO-NEXT Lワークシート

基本理念と対応ガイドラインに対応して、LGBTQ+の当事者やそうかもしれないと思っている人に向けて、自分自身で考えを整理したり、気づきを得るために作成したワークシートです。 LGBTQ+の当事者に限らずさまざまな人も活用することができます。