基本理念

筑波大学は、性別、国籍、年齢及び障がいの有無にかかわらず人間の可能性と多様性を尊重し、ダイバーシティ文化の醸成に努めるとともに、すべての構成員が働くことに誇りと喜びを実感できる大学を作りあげるため、以下の理念のもとに、男女共同参画社会及びダイバーシティ社会の形成に積極的に寄与する。

1.性別、国籍、年齢及び障がいの有無にかかわらず、すべての人の人権の尊重、個人の尊厳の確立

2. 性別、国籍、年齢及び障がいの有無にかかわりなく個人としての個性と能力発揮の機会の確保

3.あらゆる分野における諸施策の企画・立案及び決定において、性別、国籍、年齢及び障がいの有無にかかわりない対等な参画の推進

4.男女共同参画社会、及びダイバーシティ社会の実現に向けた国際協力の推進

基本計画

基本理念に基づき、次に示す基本方針に添って行動する。

1.男女共同参画、及びダイバーシティの視点に立った教育・研究・就業の確立

2.教育・研究・就業と家庭生活との両立支援

3.若手、女性、外国人等(注)増加のための施策の推進

4.若手、女性、外国人等の役職、及び施策決定に関与する委員会への登用の促進

5.教職員・学生への啓発活動の推進

6.地域社会・国際社会との連携を通じての男女共同参画、及びダイバーシティの推進

(注)「若手、女性、外国人等」とは、左記に掲げた人々のみならず、性別、年齢、国籍や障がいの有無を超えた多種多様な人々を指す。