筑波大学では、今年度から「イクボス宣言」「男性リーダーの会」等の取組を開始しました。今回、企業や自治体等のダイバーシティ推進事業の第一線で活躍する宮原淳二氏(株式会社東レ経営研究所)を講師として招き、管理職や男性の関与に焦点を当てた取組について学ぶ機会を設けました。

日時:2017年9月4日(月)15時00分~17時00分

場所:筑波大学 総合研究棟A棟107(プレゼンテーションルーム)※参加費無料

交通アクセスは大学HPにてご確認下さい。
http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html

総合研究棟A棟はこちら
http://www.tsukuba.ac.jp/access/gmap/gmap.php?i=108010

講師  宮原 淳二 氏

株式会社東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長
※ページ下部の宮原先生プロフィールもご参照ください。

講演概要

  • 労働力人口が漸減する中、女性や高齢者等、多様な人材に労働参画してもらうことが急務です。以前に比べ、夫婦共働きが増え、女性が働きやすい環境整備や男性の育児参画の視点を学びます。
  • 時間制約のない社員を中心とした組織運営から、制約を抱える社員をどう活かしていくか、イクボスにスポットを当てます。また夫の立場から妻の就業支援を考えます。
  • 最後に「あ・うんの呼吸」で業務を遂行してきた日本の組織風土の問題点について学びます

対象

筑波大学の教職員、学生、つくば女性研究者支援協議会の参加・連携機関所属の方、及び本テーマに関心のある一般の方。

※ 特に本学の「男性リーダーの会」及び「イクボス宣言」にご登録いただいた方は是非ご参加下さい。

申込方法・締切: 8月31日(木) ※当日参加可能

資料の準備のため、出来る限り下記フォームより事前の申し込みをお願いします
https://goo.gl/forms/1D6JmdznKduMwZth2